ビルトインコンロの選び方と工事費

ビルトインコンロの選び方注意事項

ビルトインコンロを安全にお使いいただくため、
ご購入前に以下の点を必ずご確認ください。

現在お使いのコンロが「テーブルコンロ」か「ビルトインコンロ」か
お間違えのないよう、ご注意ください

テーブルコンロ

テーブルコンロ

調理台の上に置く(据え置き)タイプのコンロです。
現在、テーブルコンロをご使用の場合は、工事の必要はなくご自分で機器を交換することが可能です。ガスソフトコード(ゴム管)などの接続具は、長期間ご使用になられると経年劣化によりガス漏れの恐れがありますので、機器と一緒にご購入の上、取り替えることをおすすめします。

ビルトインコンロ

ビルトインコンロ

システムキッチンに組み込む(埋め込む)タイプのコンロです。
ビルトインコンロは工事の必要があり、ご自分で機器を交換することができません。


ネット決済で受付できない工事があります
以下のような工事はネット決済でお受付できません。
現場調査の上、お見積りさせていただきますので、こちらからお問合せください。
 1)海外製などの規格外のコンロからのお取替え
 2)テーブルコンロからビルトインコンロへの交換
 3)コンロ下のオーブンの撤去・取替・新設
 4)特殊な工事や部材が必要な場合


ガスの種類をご確認ください
ご自宅のガスの種類が、都市ガス(12A・13A)であることを確認してください。
本サイトで取扱のガス機器は、すべて都市ガス(12A・13A)対応の機器であり、プロパンガスには対応しておりません。
ガス機器は、安全にお使いいただくため、適応するガスの種類があらかじめ決められています。
ガスの種類に合っていないガス機器をお使いになると、火災や不完全燃焼などを起こす場合があり危険です。


現在お使いのビルトインコンロ天板の幅をご確認ください
現在設置のビルトインコンロの天板と同じ幅のコンロを選んでください。
ビルトインコンロ本体サイズと前面パネルのサイズは統一ですが、天板は60cm幅と75cm幅の2サイズあります。
ビルトインコンロの60㎝
ビルトインコンロの75㎝
◆下記にご留意いただければ、違うサイズにも交換可能です。
●60cm幅→75cm幅
コンロ上のレンジフードの横幅が75㎝以上あり、75㎝幅のコンロを覆えるかご確認ください。
※有効に換気するためには、レンジフードがコンロを覆うことが必要とされます。
また、天板が広くなる分キッチンの調理スペースが狭くなります。

●75cm幅→60cm幅
キッチンの調理スペースが広くなるメリットはありますが、これまで設置していた天板の設置痕が露出してしまう、コンロバーナー間の距離が狭くなるなどのデメリットもございます。

現在設置のコンロとサイズ違いを検討されていて、ご心配な方はこちらからご相談ください。


コンロ下にオーブンを設置している場合は
購入するコンロのメーカーにご注意ください
オーブンのメーカーとコンロのメーカーを合わせる必要があります。
<オーブンのメーカーの確認方法の画像>
オーブンのメーカーの確認方法の画像


追加工事費が発生する場合があります。
ビルトインコンロ+基本取付工事費にて決済をいたしますが、以下の場合は追加工事費が発生します。
追加工事費が発生した場合は、取付日当日に現金にてお支払いいただきます。
基本取付工事費
機器取付・取外/既存設備処分/点検・試運転/出張費 18,000円


追加工事費
●金属フレキ管の交換
ガス栓とコンロの接続に金属フレキ管という接続具が使用されている場合、再利用ができない接続具のため、取り替える必要があります。 3,000円

 

●フィラーの取付
コンロとキッチンのキャビネットの間に隙間ができる場合、専用の板(フィラー)で塞ぐ必要があります。
取り付けるフィラーの種類によって価格が異なります。
フィラー取付A
※フレキシブルタイプ
4,000円
フィラー取付B
 
6,000円

 

●オーブン接続
コンロ下がオーブンの場合、コンロとオーブンを接続する作業が必要になります。
使用する接続部材の種類によって価格が異なります。
オーブン接続A 4,000円
オーブン接続B 6,000円
オーブン接続C 10,000円

  ※全て税抜価格です。

購入商品をお悩みの方は、お気軽にお問合せください。


  • 「クラシモ」京葉ガスグループのリフォームブランド
  • 京葉住設株式会社
  • 京葉ガス公式ホームページ